上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

「路地裏から街を見る」 京阪神を中心に、日本各地の路地裏の風景をくまなく歩いて紹介!

ホーム > スポンサー広告 > 銚子電鉄に映る風景(3)-あしか島?ホーム > ★枠外 > 銚子電鉄に映る風景(3)-あしか島?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

銚子電鉄に映る風景(3)-あしか島?

(銚子レポートの続編です。初めての方は、こちらからどうぞ。)


chsc02.jpg

銚子を銚子電鉄に沿って、走る。
関東独特の、赤土にキャベツのような菜っ葉類が植えられた畑の風景が続く。
低い塀の家。ちょっと沖縄に似ている。
★海鹿島で初日の出を

chsc04.jpg

畑の脇に入ると…

chsc03.jpg

また駅が!
「君ヶ浜」駅というらしい。
入り口に謎のコンクリートが。昔は屋根があったのか?
海はもう近く。

chsc05.jpg

舗装されていない畑の道を行けば…

chsc06.jpg

海岸線に出て、そこを走れば、「海鹿島」(あしかじま)だ。
といっても、あしかはいないし、島じゃない。
岩礁が多くあり、トンビに似た「トンビ岩」、クジラに似た「クジラ島」、大黒天に似た「大黒岩」があるという。

chsc07.jpg

なぜか岩の上にほこらが。
この海鹿島は、100年前までは、本当にアシカやトドが海岸沿いにいたが、
海流が変わったため、アシカは来なくなったという。

chsc08.jpg

向かいにある岩山に上る。
このあたりに神社が多いのは、昔の人が岩に神聖なものを感じ取ったからか。

chsc09.jpg

鳥居の向こうは、目いっぱいの海原が。
太陽は東から昇るので、鳥居越しに見る朝日は、まるで初日の出のように神々しいようだ。

chsc10.jpg

昔は、この浅い海にも、アシカが泳いでいたのだろうか。
その向こうは、銚子漁港の缶詰工場。

chsc11.jpg

海鹿島は町に程近い。
町の向こうは、銚子ポートタワー。



★犬吠埼もいいけど下も見ようね



chsc12.jpg

少し走って、犬吠埼まで来た。
駐車場からは、荒々しい、鬼の洗濯岩が見える。
転んだら大変だ。
千葉県って気候は穏やかだけど、海はやっぱり荒々しいなぁ。

chsc13.jpg

さらに遠くを見れば、そこは弓のような砂浜に、扇のように波が押し寄せる風景が。
こんなところまで来ちゃいましたよ、という感じがする。

chsc14.jpg

chsc15.jpg

関東最東端の犬吠埼灯台。最東端なのにちょっと町だが、ちょっとさわやかな最果て感もある。
車で立ち寄って休むには、いい場所だろう。

chsc16.jpg

おや?なんだこの生まれたままのトリケラトプスは。
謎のオブジェは、近くのホテルのものだ。
シュール。

chsc17.jpg

岬から階段を下りれば、鬼の洗濯岩に降りれる。
穏やかさと荒々しさを併せ持つからこそ、この岬は愛されるのか。

chsc18.jpg

犬吠埼の隣に、また岬が!

chsc19.jpg


ここは、「長崎鼻」という小さい岬。
岬なのに、その先近くまで町があり、人が生活しているのだ。
小さい灯台もある。(長崎鼻は、次々回取り上げます。)


次回、「犬吠駅と外川駅」編に、続く!


より大きな地図で アゲインスターズ的日本 を表示
関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
検索フォーム

【新番組】休みをとったり、あれこれ予約したり、長距離移動しなくても、日常のすぐ横にある世界で手軽に旅ができる!
そんな旅番組ポッドキャスト「トリップコーヒー」を開始!




カスタム検索


テーマ別カテゴリ


タグクラウド
書肆・雪ノ下(by Amazon)






無料アクセス解析 にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村 blogram投票ボタン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。