上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

「路地裏から街を見る」 京阪神を中心に、日本各地の路地裏の風景をくまなく歩いて紹介!

ホーム > スポンサー広告 > ライダーハウスひるがお-徳島の海亀が来る町の宿ホーム > 安宿・バックパッカー > ライダーハウスひるがお-徳島の海亀が来る町の宿

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ライダーハウスひるがお-徳島の海亀が来る町の宿

hrgo01.jpg

徳島県の太平洋側。
美波町(旧日和佐町)に、バイク乗りたちのための宿・ライダーハウスがある。

ライダーハウスひるがお」。
徳島から約40km離れた静かな町に、1泊2600円の宿は条件がなかなかいいようだ。

★アットホームなログハウス★

hrgo02.jpg

この宿の特徴は、ログハウスだ。
老夫婦が経営しており、やってくる宿泊者を温かな表情で迎えてくれる。

内装も暖かくカントリー調な感じが、旅に出たという感じにさせてくれる。
若干散らかっているが…。
朝食(400円!)はこの部屋で食べていくことになる。

hrgo03.jpg

ここが部屋。
4人くらいが寝具を広げて寝ることができる。
ふとん付き。

テレビや机もあり、カーペット敷きで、まるで家の部屋のようだ。

hrgo04.jpg

ちなみに、客室が満員になると、ログハウスの2階にも宿泊することができる。
ここは女子相部屋になるようだ。


★日和佐をぶらぶらするのも良い★

hrgo05.jpg

設備は、洗濯機や乾燥機を使うことができる。
風呂はあるが、湯船を利用できず、シャワーを浴びることしかできないので、近所の温泉に行くといい。
田舎町だが、スーパーが近所にあり、酒も惣菜も揃うので、宿で居合わせた人と酒盛りなんかも悪くない。


無料で自転車を貸してくれるので、ゆっくり日和佐の町を散策するのも、のんびりしていて良い。

美波町・日和佐地区には、自転車でぶらぶらするのにうってつけのスポットが点在している。
赤い塔が目立つ、四国八十八カ所第23番の霊場「薬王寺」をはじめ
アカウミガメが上陸するという、静かできれいな海岸「大浜海岸」、世界でも珍しい海亀の博物館「ウミガメ博物館カレッタ」などがある。
ライダーハウスの上の山には、「日和佐城」が建っている。
また、「ホテル白い燈台」の浴場に入りに行くと、太平洋を見ながら湯船に漬かれるのだ。

町は漁港と素朴な商店街を中心に成っており、穏やかな時間が流れている感じだ。
海に出て、静かに波の音を聴いて過ごすのも悪くない。
日和佐は「何もない田舎町」の魅力が凝縮された町だ。
日和佐の観光情報はこちらで

バイクで飛ばしまくる旅に疲れたら、ここで休んで英気を養うといいだろう。


ライダーハウスひるがお

〒779-2304 徳島県海部郡美波町日和佐浦444-25
TEL:0884-77-1702
関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
検索フォーム

【新番組】休みをとったり、あれこれ予約したり、長距離移動しなくても、日常のすぐ横にある世界で手軽に旅ができる!
そんな旅番組ポッドキャスト「トリップコーヒー」を開始!




カスタム検索


テーマ別カテゴリ


タグクラウド
書肆・雪ノ下(by Amazon)






無料アクセス解析 にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村 blogram投票ボタン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。