上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

「路地裏から街を見る」 京阪神を中心に、日本各地の路地裏の風景をくまなく歩いて紹介!

ホーム > スポンサー広告 > メトロこうべ-卓球場のある地下街ホーム > ★枠外 > メトロこうべ-卓球場のある地下街

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

メトロこうべ-卓球場のある地下街

metk01.jpg

神戸には謎の地下街がある。
おそらく神戸人しか知らない地下街だろう。

その名は「メトロこうべ
スイーツ(笑)エリア・高速神戸駅とディープゾーン・新開地駅の間を結ぶ地下街だが
これがまた昭和の香りを残しつつ、現代的な地下街とは違って謎の多い場所だ。

そう。繁華街の地下にある、外国の名前が付けられたオシャレな繁華街とは真逆をゆく世界が広がっているのだ…。
以前に紹介した「地獄谷」同様に、ハーバーランドの最寄り駅・高速神戸とは思えない「逆・スイーツ(笑)」っぷりだ。

metk02.jpg

早速歩いてみる。通路のようになっているが…
★エロ本販売機ですよね?★

metk03.jpg

壁には学生が描いたと思われるアートが飾られている。

また絵柄がアングラな感じの場所に合っていて、妖しく見える。

metk04.jpg

その先に…本屋が。
本屋の入口に、週刊誌やマンガを自動販売機で売っている場所がある。


これってエロ自販ですよね?
と言いかけたが、一応エロでない雑誌が揃っているので。
この形の販売機、昔は普通に本屋とかでも見れたのになぁ。

metk05.jpg

さらに歩くと、横に謎の空間が。
イベント用にたまに使うのかもしれないが、使っていないときは
あまりにも広すぎて、かえって不気味だ。

だが、その空白感がかえっていい。

metk06.jpg

しばらく歩くと、その横にはゲームセンターが現れた。
えらい昔のつくりのゲーセンだ。
悪いやつがタマってそうで、胸が騒ぐ。

metk07.jpg

「メトロプレイランドZOO」という名前。
この80年代なゲーセンは、ビデオゲームが1プレー50円だ。
安い。この50円ゲーセンというあたりに、裏路地感を覚える。


★道沿いに古本屋が並んでる★


metk08.jpg

ゲーセンの向かいには、本棚が現れた。
ここ、もしかして本屋!?

metk09.jpg

本屋が地下街の奥まで延々と並んでいるのだ。
いずれも古書。
途中に「○○書店」と書かれて店が区分けされている。
一つの店が仕切っているわけではなく、三店舗存在する。

metk10.jpg

地下街で店を隔てる壁がないいうのに、古書に埋もれる店のオヤジ。
本格的すぎるぞ!


metk11.jpg

細く狭いながらも、本を多く取り揃え、狭いながらも掘り出し物がありそうな予感。
ヨーロッパの本の市場のにも見える。


★卓球場!本の安売り!★


metk12.jpg

このメトロこうべの穴場は、卓球場だ。
13台もの卓球台が、細長くズラリと並んでいる。

1時間800円で借りることができる。
なお、ここにセミプロの人も訪れることがある。

metk13.jpg

横から見ると、卓球台が。

metk14.jpg

さらに進むと…

metk15.jpg

中学校の技術の授業で作ったような、木の棚に靴が並んでいる。
5800円で売られていた!

metk16.jpg

ここは5000円!しかも2足。
スニーカーが投売り状態だ。
さすがに、所帯じみた感がこの値段からにじみ出てくるようだが。


★え?これ入口?★


metk17.jpg

たった一駅分のこの地下街。
地上に上がると…

これが出入り口!?

お寺の門のような構えになり、一気に和風になる。
ここがメトロこうべと高速神戸駅の入口になるのだ。

ちなみにこの塀の向こうには、ここで戦死した楠木正成公を祀る、「湊川神社」になっている。

なんか異次元だよなぁ。

metk18.jpg

塀の脇の道に、なぜか天女の像が、寝ながら浮いていた。

ますます異次元である。

metk19.jpg

脱力したところで、阪神電車で帰ろう…ってこれ各停やん!

「高速神戸⇔梅田」の表示板がえらく懐かしいぞ!
「メトロこうべ」は時代を2,30年もさかのぼらせてしまう不思議な地下街だった。






より大きな地図で アゲインスターズ的日本 を表示
※地図左下の青い線が「メトロこうべ」
関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
検索フォーム

【新番組】休みをとったり、あれこれ予約したり、長距離移動しなくても、日常のすぐ横にある世界で手軽に旅ができる!
そんな旅番組ポッドキャスト「トリップコーヒー」を開始!




カスタム検索


テーマ別カテゴリ


タグクラウド
書肆・雪ノ下(by Amazon)






無料アクセス解析 にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村 blogram投票ボタン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。