上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

「路地裏から街を見る」 京阪神を中心に、日本各地の路地裏の風景をくまなく歩いて紹介!

ホーム > スポンサー広告 > 元町高架下の謎アーケード(2)-店先までカオスホーム > ★枠外 > 元町高架下の謎アーケード(2)-店先までカオス

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

元町高架下の謎アーケード(2)-店先までカオス

(元町高架下レポート後編です。前編を読むと、さらに面白く読めます。)


motk29.jpg

神戸の三宮駅から元町駅を通り、神戸駅にかけて鉄道の高架下がアーケードになっている場所がある。
元町高架下商店街」(モトコー)は、神戸有数の怪しい街だ。
前回は、三宮駅からモトコー3番街まで探検してきた。
若者向けの店に、怪しい店が入り込んで、端に近づくにつれてディープ度が上がってくる感じだった。

しかし、これから潜入する4番街から神戸駅にかけて、さらに怪しくなっていく。
モトコーの真打登場といった感じだ。

アジアンカオス、モトコー、後半戦開始!
★中華丼=「肉と野菜に米」?-4番街★

motk41.jpg

元町高架下商店街・4番街にやってきた。
商店街どころか、どの店も店先にごちゃごちゃした商品を出して、客を待っているのだった。
だがまだ序の口。

motk42.jpg

アンティークな店が多くなってくる。
掘り出し物…なのか?

motk31.jpg

古本とおもちゃの店の棚の横には
ラーメン屋「虎と龍」の入り口が!


油断したら、目の前にとんでもない風景が現れる。
トラップだらけの街なのだ。

motk30.jpg

さらにすごいトラップが!

とある中華料理店。
外国人向けにメニューを日本語と英語で表記してある。

ところが…
オイッ!中華丼の英語名がテキトーすぎだろ!?

         MEAT AND VEGETABLE WITH RICE
         中華丼      ¥ 600


って、これ直訳したら
「肉と野菜に米」じゃねーか!

あんかけとかもうちょい複雑な調理してるのに、安直すぎだろ!!(笑)

隣の餃子も訳が思いつかないのか、「GYOZA」で済ませてるし


motk34.jpg

さらに、究極にアジアンな光景は
店先でオヤジがワープロを修理しているところだった。

こうしてワープロ(パソコンではない)の修理を大っぴらにやってるところなんて
ほとんど見かけない。

ありえない光景に、香港かどっか中国の街に迷い込んだ錯覚に陥る。
さっきのテキトー訳な中華料理屋といい。

motk33.jpg

その店先で、オヤジが直したワープロが
現役で動いていた。


カラー画面でマップらしいものを表示したデモ画面を流しているのが
おそらく90年代だろう、時代を感じさせる。
そういやオレたちこんなん使ってたよなぁ…。

23800円とか28000円とか値札が貼られていた。

いったい、誰が買うんだろう?

今やOASYSや一太郎のようなワープロでさえ、パソコンソフトとなっている時代だというのに。
ある程度の買い手があるから、このような商売が成り立っているのだろうか。

motk35.jpg

靴屋の風景。
ランニングを着たオヤジが商品を並べている。

motk36.jpg

靴がものすごい勢いでズラリ並んでいた。

店の壁が見えないくらいの、靴の壁だ。


まるで『耳なし芳一』くらいの勢いで、隙間なく靴を配置していく。
そんな芸当をしないと、店を魔物に持っていかれるのか?

motk39.jpg

モトコータウンには、魔物が棲んでいるようだ。
時にそれは妙な気配や、落書きの形をとって、僕たちの目の前に現れる。
それは人の作り出した空想だ、馬鹿らしい、とわかっていながらも
いたずら好きなその存在がいるのかなと、想像力を掻き立てられてしまう。

驚いたクマの形をとって目の前に現れたようだ。
だが、全容はつかめていない。
つかみどころのない街が、モトコーの正体だろう。
まるで、ポール・サイモンの『Sound of silence』の世界のようになってしまった。

motk40.jpg


          しのぎ屋
          お前はアホか
          西川きよし
          シャブ中(女)イカボケ
          ボンクラ




★5番街なのに4丁目?-5番街★

motk44.jpg

一見ヤヴァイ地区なのか?とオドオドしてしまうが
そんなことはない。
五番街(モトコーファイブ)にやってきた。

歩道橋が変な曲がり方をして、向かいの歩道につないでいる。

motk43.jpg

ちなみに、この歩道橋の向こうは、「花隈」という街が広がっている。
静かな裏町といった感じ。
阪急電車の三宮と高速神戸の間の駅で、特急が止まるような駅だが
ここで降りたことのある人は多くはないだろう。

近くには、インド様式の仏教寺院、通称「モダン寺」がある。

motk32.jpg

その5番街だが、短くなっており、店も少ない。

しかし、5番街だというのに、「4丁目」の店名とはこれいかに!?



★下町のナポレオン-6番街★

motk45.jpg

続いて、6番街「モトコータウン・あじさいの街」だ。

もちろんアジサイは咲いていないし、アジサイの季節に雨が降ったときの雨宿りスポットとしては最適だ。

motk37.jpg

商店街っぽく、花みたいなものを吊っているが
コンクリートの壁と落書きが、ここをアングラにしている。
まぁ「怪しげ」を売りにしている商店街なんですが。

もう、不良モノのドラマのロケ地にピッタリすぎ。

motk46.jpg

中古品を取り扱う店が多くなる。

motk38.jpg

中にはこてこてのアンティーク・骨董品の店も。

そこで目に飛び込んできたのは
ショーケースの中のナポレオン服!!

…誰が買うんだろう。
想像つかないくらいヒゲ立派自慢のオヤジの顔が目に浮かぶ。


★おとなのおもちゃ・ガンダム?-7番街★

motk52.jpg

最後は、神戸駅に近い「7番街」。
歓楽街くさいネオンが我々を待ち受けていた。

motk47.jpg

通路は狭く、どこぞの市場を思わせる。
日本じゃなくて、中東あたりのバザールのような狭さだ。
売ってる商品はモロ日本だけど。

ドラッグストアとかばんコーナーが隣り合わせで…
ドンキホーテ」?

motk48.jpg

あらゆる店が、通りに向かってフルオープンだ。
店のおっさんが通りを見守る…

…と思ったら、向かいの街頭テレビで野球のデーゲームを見ていた。

motk49.jpg

刺青彫りの店もあり、デンジャーな臭いがするぜ。

その筋の男が大手を振って歩いていてもおかしくない街が
神戸のメインストリート・元町商店街の裏側にはある。

motk50.jpg

エロ本屋も、アーケードに向かってフルオープン!
いかがわしい布きれや棒、春画が明け透けだ。
エロビデオ屋の一角が切り取られた店の名前は
ガンダム

その名前完全アウトやろ!(笑)


motk51.jpg

アーミー系の店もある。
古い看板が増え、市場らしい風景。

motk55.jpg

ここでアーケードは終了。外に出る。
しっかし、高架下にバラックみたいなのが埋め込まれてて
神戸の高架下建築ってすげーなー。

motk53.jpg

ここからは神戸駅に向かって少し歩く。
すると、家具のショールームが続いていた。

ベラ・ヴィータ」(神戸家具グループ)という、1920年代のイギリスのアンティーク家具が
部屋のような感じで展示されている。

高架に書かれた数字がイイ。

motk54.jpg

入り口。
一見カフェかと思ったら、ショールームの入り口だった。
その向こうには、古きよきヨーロピアンの家庭の風景が待っているのだろう。



程なくして、神戸駅に着いた。
約1.5kmほどの間に、神戸のエッセンスが相当凝縮されているようだった。
一言で言えばヤバイ!
だが、引き込まれてしまう。
それは、人の持つドロドロしたものが渦巻いているからこそ、惹きこまれてしまうのかもしれない。


追伸 なお、神戸駅の向こうには、地獄の谷が広がっているのであった…。



◆今回のまとめ

・アンティークな店が多いです。
・店先にまで商品が出てることがデフォルトです。
・「MEAT AND VEGETABLE WITH RICE」で中華丼を連想できるヤツは、ネ申です。
・店先でオヤジがワープロを直して売っています。
・下町のナポレオンは実在します。
・エロビデオショップの店名にガンダムはいけないと思います。



◆参照サイト:「モトコーマップ(公式)
         「神戸元町商店街 潜入記
         「元町高架下散歩







より大きな地図で アゲインスターズ的日本 を表示
関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
検索フォーム

【新番組】休みをとったり、あれこれ予約したり、長距離移動しなくても、日常のすぐ横にある世界で手軽に旅ができる!
そんな旅番組ポッドキャスト「トリップコーヒー」を開始!




カスタム検索


テーマ別カテゴリ


タグクラウド
書肆・雪ノ下(by Amazon)






無料アクセス解析 にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村 blogram投票ボタン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。