上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

「路地裏から街を見る」 京阪神を中心に、日本各地の路地裏の風景をくまなく歩いて紹介!

ホーム > スポンサー広告 > 千寿荘-能登島は安宿パラダイスか?ホーム > 安宿・バックパッカー > 千寿荘-能登島は安宿パラダイスか?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

千寿荘-能登島は安宿パラダイスか?

senj01.jpg

能登半島の玄関口、七尾市や和倉温泉は旅館やホテルが多いものの、値段が安くはない。
ところが、和倉温泉から長い橋を渡って、「能登島」という島に行くと…安宿が多くなる。

能登島で一番、いや、能登半島でおそらく一番安い宿が、「千寿荘」である。
宿泊料金は素泊まりで、2100円。
senj02.jpg

部屋はこのような6畳の和室。
テレビやエアコン、殺虫剤が備え付けられている。
浴衣、タオル、歯ブラシなどのアメニティも。
隣の部屋は、ふすまで隔てられているので、壁が薄いどころではないけれど
それでも、このサービスで2100円はお得なはずだ。

senj03.jpg

また、この宿には温泉がついていて、泊まり客は入浴できる。
湯船はこの通り1区画に3人入ったらいっぱいになるような小規模なものながら、底にはジェット噴流が付いている。
無色透明で無臭、しかし湯につかると肌がツルツルしてきて温泉らしい。

なお、日帰り温泉としても利用可能で、地元の客も多く好評だという。
日帰り温泉のみの料金は、400円である。

senj04.jpg

館内には食事ができる座敷が備え付けられている。
もちろん泊り客も、そこで食事ができる。
この宿は、地元の人で、宿泊以外の利用の人が結構多いようだ。

senj05.jpg

メニューがすごい。
1000円定食が、刺身、焼き魚、煮物、酢物、漬物、ご飯、味噌汁。
2000円定食が、天ぷら、ミニなべ、茶碗蒸し、フルーツ、カキ焼き。
(2000円、3000円定食の人は、入浴料金込み)

1000円でもかなり至れり尽くせりである。
海に囲まれた能登島だけあって、魚を中心にした豊富なメニューの定食がスゴイ。

さらに、他のメニューもお得だ。
うどん・そば 250円。
カレーライス・牛丼・鍋焼きうどん 500円。


外に食べに行ったり、スーパーで買っておくより、割がいい。

senj06.jpg

また、お茶、コーヒー、お水は無料で飲める。
お水は天然水である。

すご過ぎる。ここはパラダイスか?
「探偵!ナイトスクープ」的な。

★おまけ・能登島の他の安宿★

senj07.jpg

能登島には、安宿が多い。
能登島観光協会」のホームページでは、「1泊2食 8400円」というような民宿や旅館が多く、割高感が感じられる
ところが、素泊まりになると、かなり料金は下がる。
素泊まりで3000円台のところもわりとある。

写真は「ツインブリッジのと」の近くにある「スニーカーの宿」。
表の看板には、素泊まり3000円と書いてある。
また、徒歩3分のところに、かなり広いプールがあり、200円で利用できる。
居心地のよさそうな木の宿で、合宿にも使われることがあるという。
能登島には民宿だけでなく、こうしたペンション風の宿も存在する。

ただし、宿泊できるのは2名から。
能登島にはそういう宿が多いので、ご注意を。



より大きな地図で アゲインスターズ的日本 を表示
関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
検索フォーム

【新番組】休みをとったり、あれこれ予約したり、長距離移動しなくても、日常のすぐ横にある世界で手軽に旅ができる!
そんな旅番組ポッドキャスト「トリップコーヒー」を開始!




カスタム検索


テーマ別カテゴリ


タグクラウド
書肆・雪ノ下(by Amazon)






無料アクセス解析 にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村 blogram投票ボタン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。