上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

「路地裏から街を見る」 京阪神を中心に、日本各地の路地裏の風景をくまなく歩いて紹介!

ホーム > スポンサー広告 > 能登外浦-民家が要塞みたいホーム > ★枠外 > 能登外浦-民家が要塞みたい

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

能登外浦-民家が要塞みたい

noso01.jpg

能登半島。それも西側の海岸、いわゆる「外浦」地域は、北陸地方でも指折りの機気候の厳しい土地である。
夏の曇りの日でも、このように風が強く、海が時化ることも多い。

noso02.jpg

ここは能登の景勝地の一つ、「ヤセの断崖」である。
波や風によって侵食された大地が、このように荒々しい地形を作っているのが、能登の外浦の特徴である。

北日本特有の黒く厚い曇りの空が、空を暗くモノトーンに染めてゆき、陰鬱で荒涼として、決して明るくない、気の抜けない感情へと盛り上げてゆく。

そして、こうした能登外浦特有の気候が、これからお見せする村の景観を作っていくのである。
★誰も寄せ付けない閉じた家★

noso03.jpg

国道249号線(能登半島奥地を一周する道路)沿いの漁村の姿である。
※輪島市門前町剱地、大泊などで撮影

能登半島の外浦の気候というのは、日本海の海流の影響を大きく受け、冬には強い季節風が吹き荒れる。雪が降る日が多いが、それほど積もらないという特徴がある。
そうした厳しい自然からの挑戦に耐えられる民家を、この地の人々は作ってきた。

noso04.jpg

それがこの姿である。
ブロック塀などで家を覆い、窓は風が来る方角にはできるだけ付けず(付けてもなるべく小さく)、外壁は板張りである。
こうすることで、強風をできるだけ防ぐことができるようだが…

noso06.jpg

夏だというのにこんなに扉を閉めて、ほとんど隙がない。
風が通り過ぎて、屋根瓦が飛ばないように、高さを低く、ブロック塀を高くしてあるためか、
威圧感や閉鎖感は抜群である。

noso05.jpg

この民家に至っては、表を完全にブロックで遮蔽している。
集落への入り口はあるものの、それぞれの民家のブロック塀で囲まれているため
ヨーロッパや中国の城塞都市のようなものを連想させてしまう。

noso07.jpg

日本海側の海沿いの民家は、このような板張りが多い。
強風や豪雪で民家が壊れやすいせいか、あるいは船に使った板を再利用する文化があるのか、木材資源が豊富なのか、理由はわかっていないが、なぜか板張りに黒い瓦屋根がよく見られる。
休んでいるボートも相まって、鄙びた漁村のムードを否が応にも盛り上げてしまう。

noso08.jpg

板張り民家の壁。
もうここまでくると、要塞みたいな家だ。


★ふさふさの壁、間垣★

noso09.jpg

外浦の一部でみられるのが、この「間垣」という防風垣である。
シノダケやマダケを編んで作られた壁で、防風に効果的なため古くから使われてきたという。
輪島市の大沢町、上大沢町でまとまってみられ、海沿いにずっと間垣が続く風景が見られるのである。

堅牢な要塞というより、「墨俣一夜城」といった感じで、まだ親しみが持てる。

※志賀町富来七海地区で撮影。

noso10.jpg

ブロック塀を風除けとして使っている民家は多い。
しかし、このようにひび割れて劣化し、隙間風が家に強く吹き込み、塀にもブロックにも劣化が生じているという。

昔ながらのシノダケを用いた間垣は、風を適度に和らげ、家を長持ちさせるという。
ブロック塀より間垣の方が有効だと主張する研究家もいるのである。


★外浦の変わった風景★

noso12.jpg

その他、外浦の変わった風景を紹介しよう。
まず、磯が真っ赤である。
別に血がドバドバでも、赤系のフィルターをつけたわけでもない。

noso13.jpg

さらに先に、岩肌が異様に真っ赤なトンネルがある。
どうやったらこんなに赤く染まるのか…。
このトンネルは「赤神隧道」と呼ばれるもので、この岩肌の赤さのために、この地区は「赤神」と名前が付いたのかもしれない。

noso14.jpg

風の浸食を受けまくったのだろうか、岩肌が特異な模様を作っている。
まるで自然が作った壁画のように…。

このタイプの岩肌は、和歌山県串本町や三重県熊野市などでも見ることができる。

noso11.jpg

海沿いの小屋と小屋の間にある、畑だろうか。
ネットで覆われている。
農作物が風の被害を受けないための工夫だろうか。

noso15.jpg

民家の屋根の上に、ビニールシートや石で補強がされている。
2007年3月の能登半島地震をまだ引きずっているのだろうか。
未だに復旧していない地区もあるという。




★内浦、内陸部との比較★



能登の外浦と内浦(七尾や宇出津などの東側)、内陸部(柳田など)では、違った特徴の民家が建っている。
外浦の気候とは違い、内浦では海流や季節風の影響が少ないので比較的穏やかで、内陸部では雪がよく降り、積もりやすいという特徴がある。

noso16.jpg

こちらは内浦(七尾市花園町付近で撮影)の民家。
板張り黒瓦の民家が多い。外壁もなく、窓が大きく開放的になってくる。

noso17.jpg

こちらは内陸部(中島町土川付近で撮影)の民家。
雪が積もりやすいためか、屋根付近に雪の重さに耐えるための、筋交いが施されている。
白い壁が多くなってくる。


このように、同じ能登でもまったく違う姿を見せてくれるのが、民家である。



参考資料
・「2003 年度 地域調査実習報告書「奥能登」(金沢大学文学部地理学教室)」(http://web.kanazawa-u.ac.jp/~geogr/excursion/2003/02%20region.pdf)
※PDFファイル注意
・「間垣の風景  能登半島外浦海岸」(http://pocoa.sakura.ne.jp/kosi/200906magaki/index.htm)
・「文化的景観に先人の知恵 能登外浦・間垣 ブロックより強く、風和らげる効果(北國新聞07年2月15日)」(http://www.hokkoku.co.jp/_today/H20070215105.htm)



大きな地図で見る
関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
検索フォーム

【新番組】休みをとったり、あれこれ予約したり、長距離移動しなくても、日常のすぐ横にある世界で手軽に旅ができる!
そんな旅番組ポッドキャスト「トリップコーヒー」を開始!




カスタム検索


テーマ別カテゴリ


タグクラウド
書肆・雪ノ下(by Amazon)






無料アクセス解析 にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村 blogram投票ボタン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。