上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

「路地裏から街を見る」 京阪神を中心に、日本各地の路地裏の風景をくまなく歩いて紹介!

ホーム > スポンサー広告 > 鹿児島ライダーハウスたるみず-1000円宿に「沈没!」ホーム > 安宿・バックパッカー > 鹿児島ライダーハウスたるみず-1000円宿に「沈没!」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

鹿児島ライダーハウスたるみず-1000円宿に「沈没!」

rhtm01.jpg

鹿児島県垂水市。
桜島のふもとにある港町の中心地(※写真)に、様々な旅人が集結する宿がある。

rhtm02.jpg

それが、「鹿児島ライダーハウス たるみず」である。
ライダーハウスはその名の通り、バイクに乗る人を対象にした宿泊施設だが
ライダー以外にも、車やチャリダー(自転車)やバックパッカー(徒歩)などの旅人も大歓迎である。
(ただし、ビジネス客や釣り人は宿泊を見合わせていただいています。あしからず。)

宿泊料金は、1000円(1泊目)で、2連泊すると900円、3連泊以降は800円となる。

ただし、寝具は別途レンタル料が必要となり、
300円(1泊目)、200円(2連泊目)、100円(3連泊以降)となる。
余計な出費を抑えたい場合は、寝袋を持参するといいだろう。

※HPによると、「しばらくは布団レンタルはいたしません!寝袋持参でお願いします。」とのこと。

rhtm04.jpg

エントランス。
全国から集まる多彩な旅人たちの荷物置き場。

rhtm07.jpg

それぞれの旅のありかたが何気に集結するこの場は
旅の情報交換の場となる。
壁に貼られた鹿児島県の地図が、チープながら今までの旅人の跡を感じさせ、ワクワクさせる。


rhtm05.jpg

ライダーハウスの核となる、談話室
ここで食事をするもよし、酒盛りをするもよし、雑談もなんでもOK。

隣には厨房があり、そこで自炊することも可能だ。

rhtm06.jpg

談話室から、中二階に登ったところにある畳の部屋。
ここも談話室。
大量の旅の写真や漫画本。旅情報のファイル。
自由に使ってもいいパソコン、テレビにビデオ。
コーヒーや紅茶、お茶は無料で飲める。
冬にはこたつが出る。

このライダーハウスだけで、大抵のことはできそうだ。
ここを拠点に周辺を旅するのも悪くはない。



ちなみに寝室は、男女別の相部屋である。

男性用は6畳の和室が2部屋。
女性用は10畳の和室が1部屋
である。


先に、宿泊料金を紹介したが、
その料金設定のため、連泊する人も多いという。
80連泊した強者もいるという。
この宿の居心地のよさに惚れこみ、何日も泊り込んで、この地にとどまる「沈没」という現象もあるくらいだ。

rhtm03.jpg

入り口。
いかにもライダーハウス!という感じのイラストが入り口を飾る。
なお、ライダーハウスには風呂がないので、ここでホースで体を洗うことになる。

それが嫌な人のために、ライダーハウス付近には、4件の銭湯がある。


rhtm08.jpgrhtm10.jpg

談話室の写真や落書き。
旅人たちが書き残していったものたち。
手づくり感から旅人達の青春のようなものを感じられる。


rhtm09.jpg

入り口付近の「写真掲示板」。
きれいな写真から面白い写真まで貼られている、情報交換コーナー。

rhtm11.jpg

トイレに書かれた名言。

rhtm12.jpg

なお、ライダーハウスオリジナルのステッカーも販売している。(300円)



このライダーハウスは、垂水の街と密接に結びついているという。
ここでは、オーナーが垂水の飲食店や銭湯などについて、マップを使って詳しく教えてくれる。
こうしてライダーハウスが、垂水の街の活性化に役立っているようだ。
実際、垂水の街の飲食店で、ライダーハウスの客を見かけることも多いのだという。

安宿が、旅人が、町に影響を与えていく…。
そういう場所が一つあるだけで、街が少しずつ変わっていくものなのかもしれない。



より大きな地図で アゲインスターズ的日本 を表示
関連記事
スポンサーサイト
このコメントは管理者の承認待ちです
[ 2014/01/11 18:09 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
検索フォーム

【新番組】休みをとったり、あれこれ予約したり、長距離移動しなくても、日常のすぐ横にある世界で手軽に旅ができる!
そんな旅番組ポッドキャスト「トリップコーヒー」を開始!




カスタム検索


テーマ別カテゴリ


タグクラウド
書肆・雪ノ下(by Amazon)






無料アクセス解析 にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村 blogram投票ボタン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。