上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

「路地裏から街を見る」 京阪神を中心に、日本各地の路地裏の風景をくまなく歩いて紹介!

ホーム > スポンサー広告 > 戸尾市場・京町-佐世保の脇の市場は香港みたいだホーム > アジアンカオスと港町 > 戸尾市場・京町-佐世保の脇の市場は香港みたいだ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

戸尾市場・京町-佐世保の脇の市場は香港みたいだ

toom01.jpg

佐世保の中心街「四ヶ町アーケード」のすぐ脇に、戦後の雰囲気を色濃く残しつつ、どこかアジアな匂いのする市場がある。
戸尾市場(とのおいちば)」といって、戦後から佐世保の台所だった。
しかしこの市場、ファッショナブルな四ヶ町アーケードのすぐ横に位置している。
しかも、生活感がフルにむき出しで、タダモノでない空気を放っているのである。

toom02.jpg

その脇にある「トンネル横丁」は、なんと防空壕を利用したアーケード
防空壕に一店舗ずつきれいに収まっている。
★アーケード行くのに必ず通る市場★


toom03.jpg

戸尾市場は、このような昭和30年代のような、古い建物が残っている場所だ。

toom04.jpg

国道35号線沿いにあるのが「京町通り」アーケード。
ファーストフードのチェーン店や、昔からの八百屋や果物屋などが混ざって並んでいる通りである。

toom05.jpg

佐世保四ヶ町アーケードにバスで行くのに、必ずこのバス停で降りることになる。
そのためか、バス停の周りは人がたむろっている。
上のカーテン状の幌が、市場らしさを盛り上げる。

toom06.jpg

市場だけに、天秤棒を担いだおばちゃんが通ることも!
佐世保の街中ではこういう風景がある。


★大陸の向こうの匂いがする市場★

toom07.jpg

「戸尾市場」に入った。
軒先に並べられた野菜や衣料、縞模様の幌が、いかにも昭和30年代のイメージの向こうへ僕らを連れていく。

toom09.jpg

今時こんなのはスーパーじゃ見ない。
肉の専門店でも、一つ一つに屋号があり、そこから様々な味が届けられている。
ストレートに味を勝負する。
最近じゃ女性や主婦層ウケを狙って、妙に小奇麗にするところもあるが
ここではそれはお構いなし、ガチンコ勝負だ。

toom10.jpg

toom11.jpg

大量に積まれた箱たちも、売り物なのだろうか。
中途半端なオバサンくささを突き抜けて、アジアンの領域だ。

toom12.jpg

入れ物に分けられた、色とりどりの野菜。
テレビの旅番組でよく出てくる、ヨーロッパの市場を思い出すようだ。

toom13.jpg

その奥に、頭一つ出たような公団住宅のような建物が見える。
建物の素っ気無さや古臭さが、下の生活感たっぷりの軒下と相まって
あたかも香港の下町の建物を連想してしまうようだ。

toom14.jpg

この風景だけ見れば、もはや日本でないような気がする。
こんなアジアンで謎の多い市場というのは、ニュータウン育ちの下町を知らない世代(僕も含め)には
新鮮に映るのではないだろうか。

toom15.jpg

エプロンのおじさんが、バイクにまたがって一服。
時が50年は戻ったようなゆるさとカオスさが同居する戸尾市場は
是非とも、四ヶ町アーケードを歩く若者にも伝えられていってほしいものである。



関連記事

佐世保アーケード①-九州で2番目に賑う街
佐世保アーケード②-コンパクトシティだけどどうよ?
佐世保アーケード③-坂と軍港の街
南九十九島-佐世保の近くに広がる島宇宙
佐世保の街からすぐデカイ造船場!-佐世保重工業
佐世保ライダーハウス-温泉にも入れるトレーラー宿



より大きな地図で アゲインスターズ的日本 を表示
関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
検索フォーム

【新番組】休みをとったり、あれこれ予約したり、長距離移動しなくても、日常のすぐ横にある世界で手軽に旅ができる!
そんな旅番組ポッドキャスト「トリップコーヒー」を開始!




カスタム検索


テーマ別カテゴリ


タグクラウド
書肆・雪ノ下(by Amazon)






無料アクセス解析 にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村 blogram投票ボタン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。