上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

「路地裏から街を見る」 京阪神を中心に、日本各地の路地裏の風景をくまなく歩いて紹介!

ホーム > スポンサー広告 > 筑波山のガマ洞窟(2)ホーム > 珍スポット > 筑波山のガマ洞窟(2)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

筑波山のガマ洞窟(2)

(筑波山ガマランドのレポートの続編です。初めての方は、こちらからどうぞ。)

tkb27.jpg



ガマ洞窟」に入ってみることにした。
入場料500円を先の土産屋で払い入る。

tkb28.jpg


入り口。とにかくごちゃごちゃしている。
本当に洞窟なのか?
レッツダンジョン!
(※ここからは、本来は真っ暗です。)

tkb29.jpg



って、ひょっとこにミッキーマウスのぬいぐるみて!
のっけからこのノリかい!!

tkb30.jpg
tkb31.jpg


…と思ったら、怖い人形が。
怖くしたいのかかわいくしたいのか、ようわからん!

tkb32.jpg


壁はこのような感じで、蛍光インクでペイントされている。
中途半端やなぁ~。

tkb33.jpg


と、思ったらすぐに足元には、ビニールシートが。
なんだこのヘタウマ加減。
腹痛い。

tkb34.jpg


通路を歩くと、こんな場所に出る。
天狗、女の子の人形、浮き輪、ススキ…
適当に赤ペンキをぶっかけてある。
まるで拾ってきたものを、そのままゴテゴテ付けてあるかのようだ。

tkb35.jpg


その脇には、「棺桶」である。
ゾンビやドラキュラが入ってるわけでもなく、カカシでもないようなものが刺さっていた。


tkb36.jpg


「巨大イノシシ」がいる間に行くと…。

tkb37.jpg


ただの、イノシシの剥製ですが何か?


tkb38.jpg


さらに先の通路へ。
ペイントが暗いところでは光るので、怖そうなのは怖そうだが、
よく見たらチャチさは否めない。

tkb39.jpg


暗い場所なら、いきなり顔に何かが触れた、という演出が
タオルを吊ってあるの丸出しである。

tkb40.jpg


中には、落し物丸出しのサンバイザーも。(笑)
使えそうだと思ったものを再利用するという試みは立派…
んなわけない。

tkb41.jpg


手の込んだ風な演出もあるが、
拾いものの寄せ集めのようである。

tkb42.jpg


ここに来て、やっとガマ登場!
子供ならビビって通りたくないようなガマがいるが、
作り物丸出しなので、スルーする。

tkb43.jpg


怖い絵も描いてあり、暗闇で光る。
部屋に入るたび、ドロドロとかキャーとか音がし、子供を驚かす。
しかし、「キャー!助けてー!」という声が発音が悪く
「キー!オッペケぇー?」と聞こえてしまい、それが何度も再生されるから、笑いしか出てこない。

tkb44.jpg


最後。ゴールのガマ神社というところに来た。
タヌキとガマガエル置物があり、賽銭箱も置いてある。
って、賽銭を入れる意識が、ここへ来てないような…。

出口は、先ほど入場券を買ったお土産屋に続いていた。
入場料500円。このクオリティでである。
返せ!と言いたくなるが、珍スポマニアなら笑って水に流そう。





より大きな地図で アゲインスターズ的日本 を表示
関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
検索フォーム

【新番組】休みをとったり、あれこれ予約したり、長距離移動しなくても、日常のすぐ横にある世界で手軽に旅ができる!
そんな旅番組ポッドキャスト「トリップコーヒー」を開始!




カスタム検索


テーマ別カテゴリ


タグクラウド
書肆・雪ノ下(by Amazon)






無料アクセス解析 にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村 blogram投票ボタン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。