上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

「路地裏から街を見る」 京阪神を中心に、日本各地の路地裏の風景をくまなく歩いて紹介!

ホーム > カテゴリー - 九州の路地裏

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

小倉(6)-旦過市場の裏で



全国有数の「迷路商店街」というべき、北九州市小倉の「旦過市場」。
その裏にある路地も、やはり市場然としており、古くからの姿を残している。
スポンサーサイト

小倉(5)-新旦過飲食街



小倉の台所「旦過市場」といえば、古くからの市場の姿を現代に残す、とんでもない場所だ。

kokura05a.jpg

その裏側には、「新旦過飲食街」という路地裏街がある。
アーケードの脇を進んでいくと…

小倉(4)-鳥町食道街



小倉の繁華街は、「魚町銀天街」というアーケードだ。
西日本には「銀天街」という名の付くアーケード街が数多くあるが、小倉が発祥の地といわれている。
今日も賑やかな商店街。その脇に…

kokura04b.jpg

鳥町食道街」という小さな路地裏アーケードがある。
ウェブサイトには、「小倉の「食」の原点はここから始まり、北九州の古き良きモノにこだわり続けた各店の味をご堪能頂けます。」と書いてあるので、名店揃いのようだ。

小倉(3)-スナック街のテラス



小倉駅の西側、京町あたりのいかがわしい路地裏。
萌え看板がいざなう怪しい店の脇道は、表の店より深く怪しかった。

小倉(2)-京町から消えた路地裏



小倉駅周辺の路地裏歓楽街「京町」。
いかがわしいお店が並ぶ一角に、古くからの路地裏が「存在した」。

焼き鳥屋の脇を入っていくと…

小倉(1)-大丸ビル名店街



北九州市の中心街「小倉」は、オフィスビルが立ち並ぶ通りを、モノレールがすり抜け
その脇に「銀天街」という商店街が活気を呈しているという街だ。
写真は、JR小倉駅と、そこから伸びるモノレール。

kokura01b.jpg

これだけ見たら、近代的な都市と思うかもしれないが
その裏手はアンダーグラウンドな路地裏がみられるのだ。
まず、駅の西側からして怪しい。
路地裏的なビル「大丸ビル名店街」から始まる。

久留米(13)-ニュー道頓堀



久留米の路地裏、最後は「NEW道頓堀」だ。
それにしても、「新世界」といい、「道頓堀」といい、大阪の歓楽街の地名が多い。
近くの福岡ではなく、遠くの大阪に憧れを持っているのだろうか。

久留米(12)-日吉村



久留米の商店街の北側を歩いていると、「日吉村」と書かれた商店街が現れる。

正式には「日吉市場」といわれるが、「小路」でもなければ「横丁」でもない。
「村」なのだ。

久留米(11)-浮世小路



久留米の歓楽街「日吉町」。
飲み屋やバーが建ち並ぶ街に、ひっそりと路地裏がある。

kurume10b.jpg

浮世小路」という路地裏。
小さいゲートが、日吉町の中でも別世界な雰囲気を漂わせている。

久留米(10)-駐車場の奥にある路地裏



久留米の歓楽街、日吉町にて。
よくある駐車場と思いきや、その奥には…
「河」と書かれた看板が。
看板目指して進んでみると…
検索フォーム

【新番組】休みをとったり、あれこれ予約したり、長距離移動しなくても、日常のすぐ横にある世界で手軽に旅ができる!
そんな旅番組ポッドキャスト「トリップコーヒー」を開始!




カスタム検索


テーマ別カテゴリ


タグクラウド
書肆・雪ノ下(by Amazon)






無料アクセス解析 にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村 blogram投票ボタン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。