上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

「路地裏から街を見る」 京阪神を中心に、日本各地の路地裏の風景をくまなく歩いて紹介!

ホーム > カテゴリー - 中心部駐車場化

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

谷町の路地裏と駐車場化(2007-10)

uratanip01.jpg

大阪市の谷町5丁目―谷町筋の道路が地下に潜る手前の場所―は以前
人一人通れるくらいの路地が連なる昔ながらの集落があった。
薄暗く細く生活感あふれる路地は、日本と近いようで遠い、どこかにいるような感覚を覚えたくらいだ。

ところが、中心市街地がその形を変えていく波は、大阪の都心でも起こっていた。
この古い路地が徐々に駐車場へと姿を変え、悲惨な末路をたどるようになっていくのだ。
その様子を、2007年2月、2008年7月、2010年5月の3回に分けて撮影し
駐車場化への経過を追った。
ちなみに、今でもこの路地の姿を見ることができる。
スポンサーサイト

徳島市中心部-シャッター通りならぬ駐車場通り

ptoku01.jpg

徳島県徳島市。
四国の県庁所在地の一つだが、他の都市に比べいまいち賑わいに欠けているようだ。
中心部は駅から少し離れた、眉山の麓にある「東新町、西新町、籠屋町」といったところに、アーケードがある。

(※写真撮影は平日の午後)

ptoku02.jpg

賑わいが欠けるのを象徴しているかのように、商店街の脇から一歩出ると…

ptoku03.jpg

このように青空駐車場が広がっている光景が、いくつも見られるのだ。
しかも、一つだけではない。

長野市中心部-ぽっかり空いた駐車場が広がる

pngno01.jpg

長野県長野市。
県最大の、人口38万人の都市では
市街地のビル街に、ぽっかりと大穴が空いたように駐車場が広がっていた。

青空駐車場だらけになっていく中心地

psmsk02.jpg
(下関市豊前田商店街。アーケードの横に広がる駐車場。)


この記事は、市街地に増えてきた駐車場が、「市街地の衰退」の象徴とみられている中で
果たして本当に悪玉か?もっと別のあり方があるんじゃないか?
という視点で書いている。
検索フォーム

【新番組】休みをとったり、あれこれ予約したり、長距離移動しなくても、日常のすぐ横にある世界で手軽に旅ができる!
そんな旅番組ポッドキャスト「トリップコーヒー」を開始!




カスタム検索


テーマ別カテゴリ


タグクラウド
書肆・雪ノ下(by Amazon)






無料アクセス解析 にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村 blogram投票ボタン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。