上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

「路地裏から街を見る」 京阪神を中心に、日本各地の路地裏の風景をくまなく歩いて紹介!

ホーム > 路地裏系ビル

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

高松(13)-エルパセオ



高松の歓楽街、「古馬場町」。
歓楽街といえば水商売が集まるビルだが、そこにも路地裏は存在する。

そのビルの名は「エルパセオ」。
スポンサーサイト

高松(8)-アカネビル



この街ではオサレな人もオヤジ好みの風俗も同じ路地裏に入り混じっていて、予測がつかない。
こんな謎の看板があるけれど…

takamatsu08b.jpg

路地を歩いていると、「漂泊」と書かれた看板が現れ
どこかに旅をしている気分になる。
アカネビルという建物で、内部が路地裏のように入り組んでいるのだ。

小倉(1)-大丸ビル名店街



北九州市の中心街「小倉」は、オフィスビルが立ち並ぶ通りを、モノレールがすり抜け
その脇に「銀天街」という商店街が活気を呈しているという街だ。
写真は、JR小倉駅と、そこから伸びるモノレール。

kokura01b.jpg

これだけ見たら、近代的な都市と思うかもしれないが
その裏手はアンダーグラウンドな路地裏がみられるのだ。
まず、駅の西側からして怪しい。
路地裏的なビル「大丸ビル名店街」から始まる。

姫路(6)-大手前第一ビル



姫路城を目の前にした、「本町商店街」
そこを歩いていると、謎の雑居ビルが現れる。
その名は、「大手前第一ビル」。
入口に店はなく、下のフロアに音楽スタジオなどの店が入っている。

つくられた路地裏のあり方

doutonbori10f.jpg
(道頓堀の裏手にある「浮世小路」。古き良き大阪を再現している。)

このサイトでは「作られた路地裏」と呼ばれる路地裏をいくつか取り上げている。
大阪・道頓堀にある「浮世小路
大阪・堂山町にある「昭和大衆ホルモン梅田東通店(の路地)」を読んでいただいたらわかっていただけると思うが、どう見ても人の生活感や様々な人が商売している様子が見えにくく、一つの企業が計画的に作ったような人工的な臭いがしないだろうか。

そりゃ路地裏は、「つくられた」ものである。
しかし、少しずつ路地に人が集まって徐々に街の形ができていく「自然発生的」なものではなく
初めから路地裏らしい形を演出して作られた「路地裏テーマパーク」のようにつくられているのが
作られた路地裏」である。

栄(3)-メーフラワービル



栄の西側「住吉町」には、「メーフラワービル」という怪しげなビルがある。
そこは飲み屋や料理店が集まり、独特の賑わいを見せているのだ。

桃色の看板に誘われ、奥へ進んでいく。

津(1)-大門商店街(南)



東海地方の路地裏を取り上げるときに、なぜ名古屋じゃなくて津が先なの?という意見があるだろう。

名古屋のような大都市よりも、見てもらいたい路地裏が、三重県の県庁所在地、津にはある。

中心市街地の「大門」は、百貨店やビルが集まる繁華街で、幅50mもあろうかという、広い広い国道が中心を通っている。
だだっ広い道ばかりで、路地裏なんてあるのかと思えてくる。

tsu01b.jpg

中心の「だいたてアーケード街」から少し離れた場所は、飲み屋街となっている。
昼の街のアーケードとうって変わって、夜の街は日が暮れてから徐々に明かりが灯る。

tsu01c.jpg

その中心地に、ひときわ怪しげなビルがある。
歓楽街によくある雑居ビルの谷間に、なぜか飲食街の入り口がある。
その姿は…
想像を絶するものだった。

銀座(11)-金春小路



日本の誰もがテレビを通してその高級繁華街っぷりを知っている、日本の、いや、世界の銀座。
しかし、今まで見てきたような路地裏を知ってしまえば、背伸びすることなんてないことを覚えるだろう。
都会に出てきて緊張している地方の方にこそ、裏手を歩いて欲しい。
都会なんて、全然気張っていない。
場末の居酒屋も、ビルの陰で一服して談笑する人もいる街なのだ。

銭湯もあるので、汗を流していくのもいいだろう。
それが、この「金春湯」だ。
銀座にも2軒の銭湯がある。

ginza11b.jpg

その金春湯の裏手には、「金春小路」という路地裏があるのだ。
江戸時代、この路地には幕府直属の能役者の金春家の屋敷があった場所で、その後は花街となり、金春芸者が闊歩したといわれる。
その面影はあるやなしや。
銀座の怪しい路地裏を進んで行こう。

銀座(9)-洞穴のような飲み屋街



銀座の裏側に、路地裏の奥深くまで続く飲み屋街がある。

銀座の路地裏は、入り口に自販機コーナーがあって、勤め人たちが憩っている光景をよく見る。
そんな光景を奥へ奥へ進んでいくと…

祇園(7)-祇園東急109



祇園の四条通沿いにある路地裏シリーズ、第4弾。

商店街を普通に歩いていると気づきにくい、下手すれば勝手口の入り口にしか見えない。
そんな路地裏。自転車が入れないくらい狭い。
検索フォーム

【新番組】休みをとったり、あれこれ予約したり、長距離移動しなくても、日常のすぐ横にある世界で手軽に旅ができる!
そんな旅番組ポッドキャスト「トリップコーヒー」を開始!




カスタム検索


テーマ別カテゴリ


タグクラウド
書肆・雪ノ下(by Amazon)






無料アクセス解析 にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村 blogram投票ボタン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。