上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

「路地裏から街を見る」 京阪神を中心に、日本各地の路地裏の風景をくまなく歩いて紹介!

ホーム > 料亭

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

高松(2)-華下八幡宮



高松の商店街は進化している。
高い天井のアーケードに、ミラノのガレリアの現代版のようなドームが空を覆う、「丸亀町」アーケードと、非常に未来的である。

takamatsu02b.jpg

その一方で、裏手はかなり昔ながらのものが多く、謎めいた路地がいたるところにある。
丸亀町のドームから東に歩いていると、フェリー通りの手前で
昔ながらの横丁が現れる。
石畳が続いているのは鳥居の方向だ。
スポンサーサイト

曾根崎(5)-神社と割烹



梅田を代表する神社「お初天神」の裏手は、路地裏が広がっていた。
歓楽街的な路地裏をさらに歩いていると、意外にも落ち着いた小料理屋や居酒屋が多い。

栄(4)-住吉小路



こぎれいなビルが立ち並ぶ繁華街「栄」に近い、夜の街「住吉町」。
風俗や飲み屋ビルなどが集まり、少し雰囲気が変わってくる。

sakae04b.jpg

その中でも趣の違う路地裏がある。
その名も「住吉小路」。
人がすれ違うのも困難なくらい細い路地裏なのだ。

津(4)-海の家から空き地へ



津の中心市街地の裏手には、細くて長い路地がいくつも通っている。
そこには街中に住む人々の生活が垣間見れ、時にあっと驚く風景が現れることがある。

まず、この路地の入口が変わっている。

海の家風の沖縄料理の店なのだ。
「沖縄屋台 TI-DA」といって、賑やかにビールや泡盛を飲んでいそうな感覚の店だが
その奥は…

銀座(11)-金春小路



日本の誰もがテレビを通してその高級繁華街っぷりを知っている、日本の、いや、世界の銀座。
しかし、今まで見てきたような路地裏を知ってしまえば、背伸びすることなんてないことを覚えるだろう。
都会に出てきて緊張している地方の方にこそ、裏手を歩いて欲しい。
都会なんて、全然気張っていない。
場末の居酒屋も、ビルの陰で一服して談笑する人もいる街なのだ。

銭湯もあるので、汗を流していくのもいいだろう。
それが、この「金春湯」だ。
銀座にも2軒の銭湯がある。

ginza11b.jpg

その金春湯の裏手には、「金春小路」という路地裏があるのだ。
江戸時代、この路地には幕府直属の能役者の金春家の屋敷があった場所で、その後は花街となり、金春芸者が闊歩したといわれる。
その面影はあるやなしや。
銀座の怪しい路地裏を進んで行こう。

銀座(6)-緑の中の料亭と花屋



ビル街ばかりの銀座の路地裏を紹介してきたので、今回は一服。

ビル街でない、緑の多い路地裏を紹介しよう。

銀座(1)-都心は意外と路地裏くさい



東京都の都心であり、東京の代名詞ともいえる「銀座」。
高級繁華街、オフィス街の顔はテレビを通して全国的に知られているので、細かい話は省く。
全国にある「○○銀座」という商店街の元となった地域だが、それはアーケードでも下町の商店街でもなく
洗練された百貨店やビルが立ち並ぶエリアで、多分「○○銀座」を追い求めていた地方の人の思い描いたものとは違ったものになっている。

ginza01b.jpg

しかし、銀座という地域のもう一つの顔は、オフィスビルの谷間の路地裏が大変多い地域なのだ。
というわけで、いつものアゲインスターズのスタンスで
ベタなおのぼりさん視点ではなく、路地裏を探す視点で、この銀座の街をみていきたいと思う。

肥後橋(3)-クジラのいる路地裏



どんな場所でも、道が狭くなっていくにつれ、地元の人、この地に馴染みのある者の割合が増え、よその人は少なくなっていく。大抵は。

僕はその例外として、細い道に見える人々の暮らしを追い求めて歩きたくなる。
そんな路地を一つ紹介していこう。

ここも肥後橋のオフィス街の裏なのだ。

祇園(11)-祇園東お茶屋組合と韓国系の店

gion11a.jpg

祇園の一角に、韓国系の店が集まる路地がある。
この路地裏だけ祇園の中でも違った雰囲気を放っているのだ。

祇園(8)-路地裏に在宅介護?



四条通に沿った路地裏、パート5。
「祇園」交差点。八坂神社にきわめて近い路地裏だ。

焼肉とサムゲタンという思いっきり韓国料理なのに、店名が「祇園」とはこれいかに。
路地裏はここからスタートする。
検索フォーム

【新番組】休みをとったり、あれこれ予約したり、長距離移動しなくても、日常のすぐ横にある世界で手軽に旅ができる!
そんな旅番組ポッドキャスト「トリップコーヒー」を開始!




カスタム検索


テーマ別カテゴリ


タグクラウド
書肆・雪ノ下(by Amazon)






無料アクセス解析 にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村 blogram投票ボタン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。