上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

「路地裏から街を見る」 京阪神を中心に、日本各地の路地裏の風景をくまなく歩いて紹介!

ホーム > 網の目状

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

小倉(2)-京町から消えた路地裏



小倉駅周辺の路地裏歓楽街「京町」。
いかがわしいお店が並ぶ一角に、古くからの路地裏が「存在した」。

焼き鳥屋の脇を入っていくと…
スポンサーサイト

久留米(7)-「新世界」は終わる世界か?



前々回前回と、久留米の市街地のど真ん中にある路地裏「新世界」を紹介してきた。
この記事を読んできて、筆者があるものに触れていないことに違和感を持った人も多いだろう。

久留米(6)-新世界のままで時が止まってる



久留米の路地裏、「新世界」は、久留米の大きな商店街、ビル街に比べればそれは、新境地だ。
時が止まったように、昭和の路地裏がそのまま残っている。

遠くにそびえたつホテルの搭屋看板が、これまた時代を感じさせる。

久留米(5)-「新世界」という名の懐かしい路地裏

kurume06a.jpg

久留米の中心市街地、「六ッ門」(むつもん)。
「くるめりあ」(旧ダイエー)や「井筒屋」(現在は跡地は空地)という百貨店があり、久留米で最も華やかな一角だった。

その繁華街の、百貨店の目の前に…

kurume06b.jpg

このようなカオスな路地裏があるのだ。
地元の人はここを、「新世界」と呼ぶ。

久留米(2)-脇道アーケード



久留米の中心市街地といえば、「六ッ門(むつもん)」だ。
かつて、ダイエーと井筒屋という二つのデパートがあった立地から
ここが久留米の中心と言われている。

kurume02a.jpg

アーケード入口の横道から、この路地裏に入ることができる。
焼きそばの店の脇からは、天井の構造がむき出しの、謎のアーケードが現れる。

久留米(1)-寂れた商店街の裏は路地裏天国



路地裏ダイバーも、関西、関東をすっ飛ばして、一気に九州に降り立った。
普通は九州来たら、第一に福岡だろっ?って話だろうが、このサイトでは久留米の方がポイントが高い。
理由は、久留米は福岡県内で最も、味のある路地裏が多数ひしめいているからだ。
福岡や北九州もいいが、その前に久留米は見てほしい。

kurume01b.jpg

さて、久留米といえば、福岡県内で福岡市、北九州市に次ぐ第3の都市だ。
西鉄福岡駅から特急で30分ほどの西鉄久留米駅を降りたら、早速商店街があるが
福岡県第3の街(人口約30万人)とは思えないくらいの寂れっぷりだ。

kurume01c.jpg

だが、このサイトで紹介する路地裏と、街のにぎわいっぷりは、相関関係にはない。


商店街の脇の細い道を行けば、寂れていながらも、別の情緒を感じさせる街が広がっているのだ。

奈良(7)-奈良町商店街

nara07a.jpg

近鉄奈良駅から南東に歩き、興福寺や猿沢池の南側のエリアを歩いていると、道に迷うかもしれない。
ならまちに続くアーケードを外れれば、そこは入り組んだ路地裏が縦横に走っている一角だからだ。
その一角のことを、人は「奈良町商店街」という。
検索フォーム

【新番組】休みをとったり、あれこれ予約したり、長距離移動しなくても、日常のすぐ横にある世界で手軽に旅ができる!
そんな旅番組ポッドキャスト「トリップコーヒー」を開始!




カスタム検索


テーマ別カテゴリ


タグクラウド
書肆・雪ノ下(by Amazon)






無料アクセス解析 にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村 blogram投票ボタン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。