上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

「路地裏から街を見る」 京阪神を中心に、日本各地の路地裏の風景をくまなく歩いて紹介!

ホーム > 片側路地裏

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

小倉(3)-スナック街のテラス



小倉駅の西側、京町あたりのいかがわしい路地裏。
萌え看板がいざなう怪しい店の脇道は、表の店より深く怪しかった。
スポンサーサイト

久留米(10)-駐車場の奥にある路地裏



久留米の歓楽街、日吉町にて。
よくある駐車場と思いきや、その奥には…
「河」と書かれた看板が。
看板目指して進んでみると…

難波(5)-ラブホ街の谷間



南海難波駅の西側には、ラブホテル街が広がっている。
繁華街と違って、夜は危ない臭いがする。

曾根崎(1)-取り壊された一角



梅田駅の南側にある「曾根崎」というエリアは、どこか危険な香りがする。
曾根崎心中、曾根崎警察署、お初天神…。
そんな印象のあるエリアに、もう一つどこか危なげな路地裏がある。

「お初天神商店街」を歩いて横道に入ると…

烏丸(4)-ほこらのある駐車場



どこの街でも市街地が駐車場になってしまう。
時にいびつな形に駐車場を作り、よくある駐車場においてはありえない物が置いてあることがたまにあるのだ。

烏丸でも同じことが起こっていた。
右側は昔ながらの民家で、その前には石畳が残っている。
そして新しく建ったマンションの登場により、かつて左側にあった民家は姿を消し、路地裏はなくなり、道は自動車が通れる広さになった。


かろうじて石畳は残り、路地裏だった跡を残すこの駐車場は、かなり妙な形をしている。

津(4)-海の家から空き地へ



津の中心市街地の裏手には、細くて長い路地がいくつも通っている。
そこには街中に住む人々の生活が垣間見れ、時にあっと驚く風景が現れることがある。

まず、この路地の入口が変わっている。

海の家風の沖縄料理の店なのだ。
「沖縄屋台 TI-DA」といって、賑やかにビールや泡盛を飲んでいそうな感覚の店だが
その奥は…

銀座(10)-豊岩稲荷神社



路地裏の首都、銀座には、路地裏の中に神社がある。
それが、「豊岩稲荷神社」だ。

路地裏が既に参道になっている。
すでに奥の方をよく見ると、お堂が見える。

新開地(2)-青空駐車場と路地裏



新開地のアーケードから、このようなゲートを見つけることができる。
細い道に、雀荘、中華料理屋、そして「神戸名物 たこ焼」を謳う、たちばなという店の味のあるゲートなのだ。
その先は…

新開地(1)-大京聚楽館ビルが遠くに…



神戸の新開地といえば、阪急電車に乗る人なら、名前は聞いたことがあるけれど、行ったことがある人は多くないのではないだろうか。
現在の神戸の繁華街は、言わずと知れた三宮と元町。
阪急の特急電車が頻繁に新開地に乗り入れるものの、大抵三宮止まりで客が流れてしまう。

アーケードに年配の人が多く歩き、ボートピアがが立地し、東側には「福原」というソープ街がある、「いかがわしい街」だが
戦前から昭和30年代までは、飲食店や映画館、劇場が集まり、神戸一の繁華街だったのだ。

なお、ファミコンゲームにも新開地はよく登場する。
神戸を舞台にした『ポートピア連続殺人事件』も、かつて存在した新劇ゴールドというストリップ劇場に主人公が入っていくシーンがある。
また、伝説のクソゲー『たけしの挑戦状』に出てきた歌「あめのしんかいち」も、この神戸新開地のことを歌った曲なのだ。


shinkaichi01b.jpg

神戸に古くから住む人は、三宮や元町より新開地が面白いという人もいる。
それは新開地のもつとりわけディープな魅力を見つけたからだろう。

僕はその面白さを、路地裏を散策することで伝えよう。

神戸元町(4)-コーヒーと自転車



元町には賑やかさもあれば静けさもある。
静けさというのは、地方の商店街のように、商店が店を畳んで人がいないというものではない。
裏手の何でもないところに明かりが一つ灯るように、静かに店が佇んでいて、その周りをぽつりぽつりと人がなんでもないように歩いているというのが、この街の裏の風景なのだ。

元町商店街から裏手に入る。
すると、「ポエム」と書かれた純喫茶が現れた。
検索フォーム

【新番組】休みをとったり、あれこれ予約したり、長距離移動しなくても、日常のすぐ横にある世界で手軽に旅ができる!
そんな旅番組ポッドキャスト「トリップコーヒー」を開始!




カスタム検索


テーマ別カテゴリ


タグクラウド
書肆・雪ノ下(by Amazon)






無料アクセス解析 にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村 blogram投票ボタン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。