上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

「路地裏から街を見る」 京阪神を中心に、日本各地の路地裏の風景をくまなく歩いて紹介!

ホーム > 富山県

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

富山 シネマ食堂街

cineshoku01.jpg


富山の駅前すぐに、昭和のまま時が止まったような路地裏横丁がある。
その名も「シネマ食堂街」。
成人映画を放映する「富山駅前シネマ」という映画館を中心に、この路地裏は存在する。
ビルが立ち並び、再開発された街並みの中に、未だに残っている昭和の路地なのだ。
スポンサーサイト

富山ライトレール-デザインは地方を変えるか?

trr00.jpg
富山ライトレールという路面電車とローカル線の中間の鉄道に乗った。
「LRT」と呼ばれる、新しい形の都市交通である。
このLRTというのが、この沿線をどう変えたか、というのが気になって乗りに来た。

「富山駅北」では、ライトレールグッズが売ってた。
マスコットの「とれねこ」というのが、またカワイイ。
早速乗り込む。

trr01.jpg

内装は、従来の路面電車と違って、かなりすっきりしている。

砺波平野は何もないけど…

tnm01.jpg

富山県西部に広がる「砺波平野」。
富山市から南下して、白川郷へと向かう高速道路からの車窓は、
このように、何もなくて、気持ちがいい。


tnm02.jpg

ご覧の通り、黒い瓦屋根の家屋が、収穫目前の稲穂の間に、ぽつぽつ建っている。
それだけの風景である。

新湊―江戸時代の港が残る静かな町

simt01.jpg

富山県のおもしろそうな町を探して、富山平野を電車は走る。
石川県は広い田んぼの中に、工場が建つような風景だったが、
富山県に入ってからはそれが少なくなって、黒い屋根に民家が散在している風景に変わる。

いい意味での、田舎の風景は、郊外化に毒されていない感じがして、清清しくなる。
高岡で、富山3大路面電車の一つ、「万葉線」に乗り替え、「新湊」へ行く。

simt03.jpg

万葉線は、途中まで道路の真中を通るので、こんな感じの風景だ。
途中から、普通の電車と同じように、道路を走らなくなる。

simt02.jpg

「庄川」を渡り、新湊に入る。
ちなみに、新湊は現在、「射水市」の一部になった。
検索フォーム

【新番組】休みをとったり、あれこれ予約したり、長距離移動しなくても、日常のすぐ横にある世界で手軽に旅ができる!
そんな旅番組ポッドキャスト「トリップコーヒー」を開始!




カスタム検索


テーマ別カテゴリ


タグクラウド
書肆・雪ノ下(by Amazon)






無料アクセス解析 にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村 blogram投票ボタン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。