上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

「路地裏から街を見る」 京阪神を中心に、日本各地の路地裏の風景をくまなく歩いて紹介!

ホーム > 大分県

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

日田のツッコミどころ満載バス停(2)

(日田のツッコミどころ満載バス停レポートです。前編を読むともっと楽しめますので、ぜひこちらも!)

htbs20.jpg

大分県の山間部・日田地方には、おかしなバス停が数多く存在する。

このように軒先のバス停の標柱がぶら下がっていたり
民家や店の壁に貼り付けてあったり、とんでもなくボロボロだったり

ツッコミどころ満載のオンパレードだ。

日田バス・「」バス停)
スポンサーサイト

日田のツッコミどころ満載バス停(1)

htbs01.jpg

ある冬の日、福岡の友人に大分県の山間部にある「日田」という街に連れていっていただいた。
なんでも、日田に常識から外れた変わったバス停が多くあるという話を聞き、それを見せていただくことになったのだ。

日田という街は大分県だが、海側の大分や別府あたりとはかなり趣きが違う。
大分県の端にあり、山に囲まれて、独立した文化や商圏だ。
久留米や佐賀まで流れる筑後川が通っているためか、福岡県筑後地方との結びつきが強い。
さらに、大分自動車道が通り福岡へのアクセスがよく、福岡県筑豊地方からJR「日田彦山線」が通るので、福岡県のあらゆる方面と結びついている。そして阿蘇にも近い。
逆に大分市から約80キロもあり遠いのだ。
福岡と日田を結ぶ高速バスは、1日50往復もある。それだけ福岡との結びつきが強いのだ。

そんな場所にあるからこそ、日田という街は独特の文化ができた気がする。
たとえば、日田駅前で「プノンペンラーメン」という謎のラーメンが出てきたり
鶏の足を甘辛く煮て食べる食文化があったり
変わった文化がことごとくあるのが日田という場所だ。

そして今回、ツッコミどころ満載のバス停が、日田に集中しているという話を聞いて、その場所まで連れて行っていただいた!
検索フォーム

【新番組】休みをとったり、あれこれ予約したり、長距離移動しなくても、日常のすぐ横にある世界で手軽に旅ができる!
そんな旅番組ポッドキャスト「トリップコーヒー」を開始!




カスタム検索


テーマ別カテゴリ


タグクラウド
書肆・雪ノ下(by Amazon)






無料アクセス解析 にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村 blogram投票ボタン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。