上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

「路地裏から街を見る」 京阪神を中心に、日本各地の路地裏の風景をくまなく歩いて紹介!

ホーム > 生活感

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

高松(3)-中庭とトイレ



前回の「華下八幡宮」の脇には、まだまだ路地裏が密集している。
神社を中心とした街なのに、なぜか飲み屋やキャバレーが集まっているのだ。
スポンサーサイト

高松(1)-片原町駅裏の歓楽街



高松は実に細い路地の多い街だ。
市街地の道を歩けば、細い道はすぐ見つかる。
多すぎて1日じゃ回れないくらいだが、その内から厳選したものをお送りしよう。

takamatsu01b.jpg

ことでんの「片原町」駅から裏に入ったところにある路地裏が、これまた濃いながらも寂れた感じがある。

小倉(2)-京町から消えた路地裏



小倉駅周辺の路地裏歓楽街「京町」。
いかがわしいお店が並ぶ一角に、古くからの路地裏が「存在した」。

焼き鳥屋の脇を入っていくと…

大須(8)-路地裏と案内板



大須の路地裏は、街の生活も映していて興味深い。
今回は、いつもの細い道とちがったパターンでお送りする。

大須(7)-蜂の巣のような壁



大須の商店街沿いではなく、裏手の路地裏になる。
ここまで来ると、繁華街より民家の割合が高くなってくるが
相変わらず路地裏には面白い店が並んでいる。

大須(6)-ベランダに挟まれた路地裏



大須という街は様々な顔があるが、基本的に下町だ。
その裏にある通りは、どこの下町にでもありそうな、裏ぶられたろじうらという風合いだ。

宇都宮(4)-泉町の看板街



宇都宮の歓楽街「泉町」。
その一角に看板が連なった横丁が存在する。
いかにも歓楽街らしい路地裏の恰好をしている。

久留米(10)-駐車場の奥にある路地裏



久留米の歓楽街、日吉町にて。
よくある駐車場と思いきや、その奥には…
「河」と書かれた看板が。
看板目指して進んでみると…

久留米(7)-「新世界」は終わる世界か?



前々回前回と、久留米の市街地のど真ん中にある路地裏「新世界」を紹介してきた。
この記事を読んできて、筆者があるものに触れていないことに違和感を持った人も多いだろう。

久留米(6)-新世界のままで時が止まってる



久留米の路地裏、「新世界」は、久留米の大きな商店街、ビル街に比べればそれは、新境地だ。
時が止まったように、昭和の路地裏がそのまま残っている。

遠くにそびえたつホテルの搭屋看板が、これまた時代を感じさせる。
検索フォーム

【新番組】休みをとったり、あれこれ予約したり、長距離移動しなくても、日常のすぐ横にある世界で手軽に旅ができる!
そんな旅番組ポッドキャスト「トリップコーヒー」を開始!




カスタム検索


テーマ別カテゴリ


タグクラウド
書肆・雪ノ下(by Amazon)






無料アクセス解析 にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村 blogram投票ボタン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。