上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

「路地裏から街を見る」 京阪神を中心に、日本各地の路地裏の風景をくまなく歩いて紹介!

ホーム > 異国

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

大須(4)-屋台だらけの路地裏



大須の路地裏、サブカル、市場ときたら、次は屋台村だ。
本当にバラエティに富んでいる。
スポンサーサイト

大須(3)-市場のような路地



大須の商店街は、何でもあるといってもいい。
無いのは栄のような煌びやかでおしゃれなファッションビルだが、それ意外は何でもある気がする。
下町もサブカルもお寺もライブハウスもグルメもヲタクも市場も屋台もある。
そんな場所に集まっている路地裏は、非常に雑多だ。

宇都宮(8)-宇都宮屋台横丁



宇都宮の繁華街、パルコの裏手に日野町というところがある。

utsunomiya02b.jpg

そこにできたのが、「宇都宮屋台横丁」という、23店舗の小さい店が集まった屋台村があるのだ。
ここがまた、現代の路地裏テイストを持った横丁になっている。

難波(3)-ビルの谷間の赤提灯



難波のビッグカメラの向かいに、元々映画館があった。
そこは取り壊しがされて…路地裏が片側だけになりつつあった。

その奥に見えるのは…

三宮生田東門(1)-ちょっと洋風…



神戸・三宮駅の西側は、雑然とした繁華街が広がっている。
道路の裏手には、「東門街」という飲み屋街が広がり、その裏手に路地裏が張り巡らされている。
その中心に、「生田神社」がある。
あたかも、路地裏や飲み屋街が、生田神社を中心に広がっている様相だ。
東門街」の東門とは、生田神社の東門から由来することから、重要な意味を持つといってもいいだろう。

ikuta01b.jpg

東門街で飲むのも良いけれど、路地裏の店に入ろう。
駅前の通りから、脇道に入ると…

栄(5)-西からくるもの



名古屋も多くの人が集まる街なのか、外国料理の店も多い。
栄のプリンセス大通りの一角にある路地裏には、入り口にトルコ料理のケバブの店がある。
外国人客が店先に座って、ケバブとビールをつまんでいた。

外国の店がいくつかある路地。少し名古屋から遊離してみよう。

栄(4)-住吉小路



こぎれいなビルが立ち並ぶ繁華街「栄」に近い、夜の街「住吉町」。
風俗や飲み屋ビルなどが集まり、少し雰囲気が変わってくる。

sakae04b.jpg

その中でも趣の違う路地裏がある。
その名も「住吉小路」。
人がすれ違うのも困難なくらい細い路地裏なのだ。

南船場(2)-天井の高い路地裏



船場の南側「南船場」は、西側にスタイリッシュで高級感ある店と、東側が問屋街になっている。
心斎橋筋から少し離れた「博労町」には、路地裏呑み通が唸るような路地裏がある。
コンクリートの屋根の上に、日本家屋の屋根がちょこんと乗っかっている路地が入り口だ。

祇園(11)-祇園東お茶屋組合と韓国系の店

gion11a.jpg

祇園の一角に、韓国系の店が集まる路地がある。
この路地裏だけ祇園の中でも違った雰囲気を放っているのだ。

道頓堀(9)-中筋横丁



心斎橋筋の脇に、謎めいた路地裏がある。
南河内名物・かすうどんの名店「かす屋」と「インデアンカレー」の間の隙間に、すっぽりはまった階段が浮いている。
ここが「中筋横丁」だ。
検索フォーム

【新番組】休みをとったり、あれこれ予約したり、長距離移動しなくても、日常のすぐ横にある世界で手軽に旅ができる!
そんな旅番組ポッドキャスト「トリップコーヒー」を開始!




カスタム検索


テーマ別カテゴリ


タグクラウド
書肆・雪ノ下(by Amazon)






無料アクセス解析 にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村 blogram投票ボタン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。