上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

「路地裏から街を見る」 京阪神を中心に、日本各地の路地裏の風景をくまなく歩いて紹介!

ホーム > レトロ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

高松(14)-北浜alleyから路地裏を考える



高松の街中にある路地裏は前回までだ。
本当は高松にはその何倍もの路地裏が存在し、その一部をお送りしてきた。

では今回は?少し趣向を変えて、路地裏でもないのに「路地裏」を名乗っている場所だ。
その名は「北浜alley(アリー)」。
高松港にあった倉庫街を改装して作られた複合ショップで、若者向けのカフェや服、雑貨などの店が集まっている。
「瀬戸内海に面した路地裏の倉庫街」というコンセプトを標榜しているが、
そんな場所がなぜ「路地裏」を名乗っているのか、歩いてみよう。
スポンサーサイト

高松(8)-アカネビル



この街ではオサレな人もオヤジ好みの風俗も同じ路地裏に入り混じっていて、予測がつかない。
こんな謎の看板があるけれど…

takamatsu08b.jpg

路地を歩いていると、「漂泊」と書かれた看板が現れ
どこかに旅をしている気分になる。
アカネビルという建物で、内部が路地裏のように入り組んでいるのだ。

小倉(5)-新旦過飲食街



小倉の台所「旦過市場」といえば、古くからの市場の姿を現代に残す、とんでもない場所だ。

kokura05a.jpg

その裏側には、「新旦過飲食街」という路地裏街がある。
アーケードの脇を進んでいくと…

小倉(4)-鳥町食道街



小倉の繁華街は、「魚町銀天街」というアーケードだ。
西日本には「銀天街」という名の付くアーケード街が数多くあるが、小倉が発祥の地といわれている。
今日も賑やかな商店街。その脇に…

kokura04b.jpg

鳥町食道街」という小さな路地裏アーケードがある。
ウェブサイトには、「小倉の「食」の原点はここから始まり、北九州の古き良きモノにこだわり続けた各店の味をご堪能頂けます。」と書いてあるので、名店揃いのようだ。

大須(2)-文殊小路(西)



大須の商店街の脇にある「文殊小路」は、路地裏らしいサブカルな店が出ている。
今回は、2本ある路地のうち、西側にある路地。

入口は、ロンドン地下鉄の駅風の看板が付いた店が迎えてくれる。
もちろん、名古屋地下鉄の入口ではない。

大須(1)-文殊小路(東)

ohsu01a.jpg

大須といえば、名古屋の繁華街で、知名度や規模は栄や名駅に譲るものの、昔ながらのアーケードにファッションショップや飲食店が並ぶ、活気のある繁華街となっている。大須の北側は、日本有数の電気街となっている。

ohsu01b.jpg

昔から続く繁華街だからこそ、その周りには特長ある路地裏が方々に走っている。
中には同じ大須かと思えるくらいのものもあり、バラエティの多さに驚かされるのだ。
最初はその一つ、「文殊小路」から見ていこう。
文殊小路は東と西の2本の通りからなり、今回は東側からだ。

宇都宮(7)-江野町横丁



宇都宮の繁華街、オリオン通りの裏手は、ソープ街になっており、7,80年代の看板が建ち並び、店の前には黒服の男が立ち、カメラを回したら裏社会の男にとっ捕まりそうな空気が流れ、殺伐としている。

utsunomiya07g.jpg

その中で、前回紹介した「江野町横丁」のソープ裏口の路地から、分かれ道があったので紹介しよう。
こちらは前回の「魔窟」というより「夢の跡」といった感じだ。

姫路(5)-本町商店街の裏手



姫路城のすぐ前に並ぶ、「本町商店街
新しい店と古い店が併存するこの商店街の裏手が変わっている。
書店の裏手から、細い道を抜けると…

姫路(2)-30年前に戻った路地裏



姫路で一番人通りが多いのが、JR姫路駅から100mくらいのところだ。
駅に向かう人たちの流れの中、ゆっくり時が流れる、古くからの路地裏もある。

小溝商店街から脇道に入ると…

久留米(12)-日吉村



久留米の商店街の北側を歩いていると、「日吉村」と書かれた商店街が現れる。

正式には「日吉市場」といわれるが、「小路」でもなければ「横丁」でもない。
「村」なのだ。
検索フォーム

【新番組】休みをとったり、あれこれ予約したり、長距離移動しなくても、日常のすぐ横にある世界で手軽に旅ができる!
そんな旅番組ポッドキャスト「トリップコーヒー」を開始!




カスタム検索


テーマ別カテゴリ


タグクラウド
書肆・雪ノ下(by Amazon)






無料アクセス解析 にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村 blogram投票ボタン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。