上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

「路地裏から街を見る」 京阪神を中心に、日本各地の路地裏の風景をくまなく歩いて紹介!

ホーム > タイ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

若者が来たくなる市場-タイの事例

asiaitiba01.jpg
(大阪市の鶴橋市場


「市場」と聞くと多くの人は、写真のような市場か、フランスにある蚤の市や威勢のいいおじさんおばさんが、たくさん並んだ野菜を売っているという光景を思い浮かべるだろう。
そこに現地の人の生活の一端を垣間見ることのできる場所だ。

ところが、日本の市場というところは、写真を見ての通り、そこにいる人の年代が偏っている。
いるのは年寄りか、おじさんおばさんばかりで、若い主婦や若者の姿などほとんど見かけない。

昔ながらの飾らない市場の姿だが、生活感がにじみ出て、年寄りの匂いが立ちこめ、小汚い印象があり(食品を取り扱うのだから汚かったら大問題だが)若者が買いたいものがないので、若者が寄り付きにくくなっているのだ。

asiaitiba02.jpg
(カンボジア・プノンペン近郊の市場)


そこで東南アジアに目を向けてみる。
アジアではそこかしこに露店や市場が建っている。
スーパーやコンビニも少しずつ進出しているが、依然として買い物の中心は市場だ。
以前、ショッピングセンターが建っている横でも、市場や露店が賑わっているという内容の記事を書いた。
スーパーやコンビニが多くても、市場にあらゆる人が来るのが東南アジアという地域なのだ。


asiaitiba03.jpg

(プノンペンの中央市場)


しかも、市場には世代に偏りはない。
若い主婦や10,20代の若者、子供だって多くいる。
市場には、若い人が好む服、おもちゃ、携帯電話、CD・DVD、ヘアーサロンなどの店があり、若い人が欲しいものが揃っているからだ。


これから紹介する記事は、タイで見かけた、若者が来たがる市場の事例を挙げたものだ。
スポンサーサイト

駅のカオス-バンコク・ウォンウィアン・ヤイ駅

asiasta01.jpg

東南アジアの駅は様々な人がいる。
地方から出稼ぎにやってきて、大都会を初めて見た人。
何もやることがないから、ベンチで寝そべっている人。
油断しているヤツを狙って、ポケットから金品を掠め取ろうとする人。
地方に観光に行くため、夜汽車に乗ろうとする白人旅行者たち。
モノを売ろうとして、大量の荷物を抱えた人…。

これらのカテゴリーに収まらない人も多くいるわけで
多すぎる種類の人が行き交うこの場所で、何かが起こらないわけがないのだ。


ここは、バンコクから郊外南西部まで通る国鉄のターミナル駅となっている
ウォンウィアン・ヤイ駅だ。

道路にやたら人がいる東南アジア

agiaroad01.jpg
タイ、バンコクのタクシーン像の周りのロータリー)


東南アジアの町にやってくると、どこかしこでも路上に人が溢れていることに気がつく。
車がビュンビュン行き交っている道路の横だというのに、屋台がこんなに並び
道路ギリギリに人があふれ出て、下手すれば道路の反対側から人が横断してきたりして
スリリングなことになっている。



agiaroad02.jpg
(カンボジアにて。車があまり多くない国では路上が生活の中心か)


なぜか東南アジアの人々は路上で過ごす人が多い。
家にあまりいることがなく、職場や店が外に面している関係もあるのかもしれないが
路上に多くの人を見かける。


agiaroad03.jpg
(カンボジア、プノンペンの路上。建設現場のすぐ横にたくさんの屋台が!)


路上に屋台を置いたり、机を並べたりして、家の一部のような生活空間に仕立ててしまったり
車が走っているにもかかわらず、その力を押しのけるようにして人が押し寄せたり
大きな通りにやたらと人がいたりと、ともかく路上が人々の生活の中心のように思えてしまうくらいだ。

ショッピングセンターがあっても露店が強い東南アジア

roten01.jpg
(タイ、バンコク近郊)

東南アジアに行くと、ある程度の街には日本同様、大規模できれいなショッピングセンターがあるものだ。
商売の内容も日本とほとんど変わらない。
ところが、この建物の周りを良く見てみると…


roten02.jpg

店の前にたくさんのパラソルや露店が並んでいる。
しかも、ある程度の客がいる。

ここが日本と大きな違いだ。
東南アジアは日本以上に路上に人がいる。ショッピングセンターのような年中エアコンが利いていて快適な場所は、入り浸りたくなるほど現地の人に好評のようだが
それでもなぜか路上に人はいる。商売や遊び、休息などは路上で行われていることが多く、家にはあまりいないようである。
(多分所得の違いが屋内か路上にいるかを分けるのかもしれない)
逆に四六時中箱に籠って外に出ない日本人の方が不健康な気がした。

検索フォーム

【新番組】休みをとったり、あれこれ予約したり、長距離移動しなくても、日常のすぐ横にある世界で手軽に旅ができる!
そんな旅番組ポッドキャスト「トリップコーヒー」を開始!




カスタム検索


テーマ別カテゴリ


タグクラウド
書肆・雪ノ下(by Amazon)






無料アクセス解析 にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村 blogram投票ボタン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。